店舗の集客力を上げられる|決済代行サービスを活用するメリットとは

紳士

負担を減らして改善を

パソコンを操作する人

ネットショップの運営は簡単に見えても、検索への対策など業務負担が大きく感じるものです。しかし、代行業者に委託することで、特に広告面の負担感から解放されます。効率よくネットで稼ぎ、利益率を高めましょう。

地域に密着した業務委託

通話

企業のオフィスや商業施設が多く立ち並ぶ横浜と言うエリアで電話代行を探す際には、料金やサービスの面からコストパフォーマンスを見ながら判断してみましょう。プロの応対による電話代行を導入することで、より高い顧客サービスを提供することができるでしょう。

豊富な決済手段の導入

ウーマン

代行業者を使うメリット

豊富な決済手段を導入することは、お客さまへのサービスに繋がり、また集客力のひとつになります。しかし、決済手段を多様化させることは単独で行う場合には多額のコストが掛かります。このため決済代行会社を使うのが一般的です。決済代行サービスを利用するメリットは、コスト削減です。決済の種類としては、クレジットカードや銀行振込みなどのほかデビットカード、コンビニ払い、電子マネーなどがあります。しかし、これらのサービスを個々に導入することは難しく、特にクレジットカードの場合には直接加入するためには審査を受ける必要があるなど簡単ではありません。一方で決済代行会社を利用すれば、審査基準が直接加入よりも緩やかですので加入が容易で、中小企業はもちろん個人事業主でも加入が可能ですし、一社で複数の決済手段の導入が可能です。決済代行の導入には初期費用と運用費用の2つがあります。初期費用はネットショップなど機器を用意する必要がない場合には初期費用無料で行うことができる業者もあります。また初期費用が必要な場合でも1万円から5万円程度です。一方で決済代行で注意すべきポイントは運用費用です。これは月額の固定費用のほか決済手数料として徴収されることが多くあります。固定費用は5千円から1万円程度ですが、決済手数料は売上の5%前後が必要になります。また各種サービスを付けると固定費用を増えることになり、決済代行を導入するさいには費用対効果を見極める必要があります。

良い業者選び

電話

電話代行を依頼する業者を選ぶときは、どのような業務を委託するのか決めておくことが大切です。事務所の電話対応なのか問い合わせ窓口を行ってほしいのか、明確に伝えるようにしましょう。また信頼できる代行会社に頼むことが重要になります。